今年の夏のファッションと自分のファッションのミックス

今年の夏のファッションと自分のファッションのミックス

今年の夏のファッションについて

今年はボーダーとさらっとしたシャツが流行になる傾向にあるみたいです。

このファッションは前年度2015年のファッションと似ている事があり、近年の年によって流行が違うから合わせにくいといった事は比較的避けられるのではないかと思います。

ボーダーは2010年から現在まで、春夏秋冬のファションの定番なので実際1着は持っている方が多いのではないでしょうか?その際に、さらっとした定番のシャツを一枚羽織るだけである程度は今年のファッションに近づく事ができ、なおかつ簡単ではないかと思います。

その時に注意すべき点として、2014年から流行りだしたスニーカーをアクセントとしたファッションです。

これは近年で一番流行りの代名詞的な感じで、逆に2016年にこのアクセントを取り入れるのはある意味危険ではないかと考えます。

何故なら、トップス、ボトムにさわやかなトレンドを入れているのに足元がスニーカーだと、どうしても完成しないといった印象になるので、出来るだけ足元はスニーカーではなく、チャッカブーツやその他ゆるすぎない程度のさわやかさをもとめた靴を履く事をおススメします。

私がおススメするファッションについて

今年のファッションが「爽やかさ」を売りにして各種ブランドも売りに出してくるので、そこで欠かせないもの。

それはネックレスです。

一時期ネックレスが流行った時に実は、ネックレスは割と爽やかな服装に合わせやすいといった印象がありました。

ネックレスといってもいかにもアジアン風なものや、お兄系のものではなくてとってもシンプルなシルバーネックレスなどです。

首元に一か所アクセントがあるだけで、実際この人はお洒落な印象を受けますし、なおかつブルーのワンポイントネックレスを着けているだけで、一瞬で女性にモてるファッションへと変わると私は思います。

私もいつもシャツなどでシンプルな服装にする時は必ずシルバーネックレスを着用しています。

まとめ

簡単に私なりに今年のファションについて書きましたが、確実に今年は爽やかな方がトレンドだと思うので、無理に洋服屋さんなどで買わず、今ご自宅にある服などで確実に爽やかなファッションが出来ると思います。

その際にインターネットなどを利用し、何が足りないのか、また系統に偏りが生じてきた場合などには少しずつ違ったメンズ夏服を加えるなど、自分なりにトレンドを作っていくのもいいのではないかと思います。

血糖値を下げる効果的な方法とは?

健康診断などで「血糖値が高いですね」などと、医師から言われたことはありますか?血糖値が高い状態が続くと、高血糖症や糖尿病を招く危険があります。

そこで今回は、血糖値を下げる効果的な方法について、ご紹介していきましょう。

食生活

血糖値をコントロールするのに最適なのは、食生活の改善です。

まずは、今日からできる、食事の方法を見直すことから、始めてみましょう。

・炭水化物は摂取カロリーの半分主食以外にも、芋類や味噌などの調味料にも含まれるので注意していきましょう。

・腹8分目の徹底食べすぎは血糖値の上昇だけでなく、肥満の原因にもなるので、徹底しましょう。

・早食いをせずに良く噛む咀嚼回数を増やすことで、満腹感を得られ、食べすぎ防止になります。

1回の食事に最低でも、20分はかけることを心がけてみてください。

・炭水化物は最後に食べる副菜や主菜を先に食すことで、炭水化物の摂取を減らすことができますし、血糖値の急上昇を防止できます。

・調味料に酢を使うようにする酢には、血糖値を下げる効果があるので、積極的に取り入れましょう。

・食用油をオリーブ油に変えるオリーブ油には、酢と同様の作用があります。

調理油を変えてみましょう。

・和食中心にする和食の中にも炭水化物を含むものが沢山ありますので、食材には注意しましょう。

運動

次に、健康維持の為に運動は不可欠ですが、血糖値を下げることに適した運動は、有酸素運動です。

ハードなものを行う必要は無いので、下記に挙げるような運動を、習慣付けることが大切です。

・ウォーキング・ジョギング・水中ウォーキング・サイクリングこれらの運動を、週に3日、1日30分から始めてみましょう。

注意点として、運動の前に水分補給を必ず行うことを忘れないようにしてください。

また、食後の血糖値を下げる為にすぐ運動をするのは、身体への負担が大きいのでやめましょう。

最低でも1時間程度は、身体を休める必要があります。

その他

食事や運動の他にも、血糖値を下げる方法として、普段の飲み物を下記のものに変えると良いでしょう。

・ヤーコン茶・グァバ茶・バナバ茶もちろん、お砂糖などは入れてはいけません。

ドラッグストアなどで比較的安価で販売されていますから、手軽に購入できるので、お勧めです。

まとめ

血糖値をコントロールするのには、日々の心がけが重要です。

簡単にできることから始めて、高血糖症や糖尿病のリスクを減らしていきましょう。

憧れの二重を必ず手に入れるためにしたこと

私の母親も父親も一重まぶたで、どう考えても遺伝子的に、私が二重になる可能性は低く、バッチリ一重で私は産まれてきました。

小さい頃は一重だったことに対して特に嫌だという感情もありませんでした。

一重が嫌いになった理由

次第に大人びて、メイクをするようになったり、大きい目をした友達や、パッチリ二重の女の子を見ると、うらやましい気持ちが芽生え始めました。

特に高校生になり、おしゃれに興味を持つようになった頃、どんなメイクをしても、一重のせいで全く可愛くなりませんでした。

二重になれたら、どれだけ変わるんだろうと毎日考えていました。

好きになった人にも二重だったら可愛いと思うよと、酷い一言も言われたことがあります。

もう、意地でも二重になってやるとその時決めたことを今でも思い出します。

二重になるために、いろんな努力をしました。

メイクをするときは出来るだけ目が大きく見えるか工夫もして、アイプチを利用して偽物の二重にしていました。

しかし、アイプチにも限界があります。

粘着が弱くなると片方だけ一重に戻ってしまったり、汗をかいたりすると一日に何回も付け替えたりしていました。

メイクをしているときはまだ、マシになりましたが、スッピンになるとまた一重が現れます。

鏡を見るのも嫌になりました。

もう、一重のことを気にし始めると、そのことしか考えられなくなり、ついに私は高校を卒業したら整形することを決めました。

一重から二重に

高校を無事に卒業し、春から大学にかようことになっていました。

その前に何としても二重になりたく、サロンに通い始めました。

カウンセリングを受け、まぶたの状態を見てもらいました。

1回のプチ整形でできるとのことだったので、次の週にスッピンになって行くことにしました。

整形当日、怖い気持ちがあったので母親に付いてきてもらい処置してもらいました。

局部麻酔をしてもらい、15分ほどで終了しました。

痛みは全くなかったです。

しかし、目を開けることができなかったので、しばらく休んでから帰宅しました。

まぶたの腫れが引くまでメイクをしてはいけなかったので、大学の入学式もスッピンにマスクで行きました。

今ではいい思い出です。

費用も二万円と安く済みました。

腫れが引くまで2ヶ月かかりましたが、検査のために病気を訪れたときは、すっかりパッチリ二重になっていました。

整形と聞くと嫌な印象があるかもしれませんが、私はおすすめします。

コンプレックスが無くなるのは、とっても幸せです。整形がどうしても積極的になれないのなら自分でやるしかありません。二重癖付け方法は様々ありますので自分にあったものをやってみるといいでしょう。