40代男性の春夏ファッションはカプリシャツを着回しコーデ

暖かい日が多くなっている今日この頃です。

日射しが柔らかくなると、欲しくなるのが春服ですよね。

40代男性にぜひとも買って欲しいのが、カプリシャツです。

イタリアのリゾート地であるカプリ島をイメージして作られたシャツで、リゾートっぽくゆったりと着るのがおすすめです。

ワイシャツのようなシルエットですが、ボタンが二つでループで止めるタイプなど、ワイシャツにはないカジュアル感を出せます。

この一枚があれば、ファッションを着回しできるんです。

カプリシャツとTシャツを重ね着する

カプリシャツを素肌にさらりと着て、胸毛や胸板をチラ見せするのがヨーロピアンな着こなしですが、日本人がそれをやったらアウトです。

日本人は胸毛に対して消極的な意見を持つ人も多く、ナルシストや不潔だと思われてしまうかもしれません。

そこで、日本人版のカプリシャツのスタンダートな着こなしは、Tシャツを中に着て重ね着ファンデーションにする事です。

カプリシャツは透けている素材も多く、中にきたインナーがうっすらとおしゃれを際立たせます。

ボーダーのインナーにしたり、ビビットなブルーなどはっきりとした色味のインナーを着るのがおすすめです。

白やベージュなどの薄い色だと、下着が透けちゃっているのかと心配されます。

40代男性ならば、それにパンツを合わせてノーマルファッションにするのもいいでしょうし、ハーフパンツでリゾート感を出すのもおすすめです。

セーターをプロデューサー巻きにする

カプリシャツと言ったら、セーターを肩からかけて袖を胸元で締めるプロデューサー巻きが有名です。

だけども、プロデューサー巻きってグッドファッションに見えるのか、バッドファッションに見えるのかで評価が別れます。

バッドファッションに見られてしまうのは、カプリシャツとセーターの配色が悪いからです。

自然な素材のカプリシャツに、赤やピンクなどのビビットな色のセーターを合わせると組み合わせが悪くてコーデ失敗になります。

しかし、アースカラーの自然な茶色やベージュなどの目に優しい色にすればプロデューサー巻きは成功しやすいです。

40代男性はプロデューサー巻きがよく似合う年代なので、コーデに取り入れて欲しいところです。

ジャケットやパーカーを上に羽織る

春は、昼間は暖かくても夜になると寒くなりますよね。

そんな時は、ジャケットやパーカーを上から羽織ります。

カプリシャツはリゾートファッションなので、パーカーはよく合います。

ジャケットはリゾートっぽくありませんが、ジャケットを着る事でかっちりとした印象になりやすいです。

ジャケットを脱ぐと、抜け感があるカプリシャツファッションというのもギャップがたまりません。

男性ファッション四十代のギャップは高い評価が期待できるので、女性にモテるようになるかもしれません。

カプリシャツは、長ズボンでもハーフパンツでも、ジーパンでもチノパンでも合うシャツです。

そのため、春に備えて今から購入しておくといいでしょう。